「人生100年時代」を生きるって・・

もう7月も終わり。100年を長いと感じるか、短いとみるか、幸せのゴールはどこなのか?


今年前半は親の介護という避けては通れない問題に直面した。

今年86歳を迎えた母は、長年の農作業で膝を痛めてしまい、歩行が困難になって

介助が必要になり生活全般を家族でサポートするようになりました。

このまま寝たきりになっていくんだろうか。。。と家族は心配したが、

元来あきらめることを知らない母は、気丈にも元の自分に戻りたい一心で

治療を受け、幸運にも最適な補助器具に出会うことができた。


歩くという目標を持ったことで、見えづらかった両眼の手術も乗り越えて

再び一人で歩ける自由を得たのです。

母のこの喜びはとても大きいに違いない。


誰かの助けを必要とする人がいて

誰かを助けたいと思う人たちがいて

それらがうまく出会うと奇跡がおきる。



日頃何気に使っている言葉

「お陰様で~」 

「おせわになります。」

この言葉の尊さを改めて思う。


「母ちゃん、100歳まであと14年あるよ~」と私が言ったら

「へぇ!まだそんなに生きるの~?」と母は笑った。

あとどれ位の時間を共有できるのだろう

切なさといとしさが交差する


これからも母のサポートを続けながら、身の丈で今自分の出来ることを

大切にしていきたいと思うこの頃である。

中断していた工房の作業も再始動だ

家族が元気でいること、好きな仕事を続けられること、

誰かとつながっているという安心感。

それも幸せのゴールへの道なのかな

工房に吹く風が心地よく感じられた。

あなたにとってのゴールへの道は何でしょう~?

Codejasmin Leather&Craftworks

沖縄県内で生産される工芸品と革素材をMIXしたバッグ、 生活雑貨の製作を通して工芸布の魅力を伝えられるものづくりを目指しています。 環境や人にもやさしい良質の革と手仕事の工房で作りだすものは、 シンプルでちょっぴりユーモアがあり、時には懐かしい香りのするものや、 思い出の品になっていく、愛着の湧くものでありたい。 沖縄県・特許実用新案の部 発明協会会長賞 革文(ひもん)うちくい(ふろしきバッグ)

0コメント

  • 1000 / 1000